業務の効率化を図る

WEB制作

テレマーケティングに必要な費用の傾向

昔に比べて最近では、テレマーケティングを外部委託するケースが増えています。顧客などからの問い合わせに対する応対の中で、その潜在需要を掘り起こすという作業条件故に高度な技能を必要とするものです。社内教育を行うよりも、代行業者に委託した方が経費を削減できるわけです。その料金は、同業者の増加に伴って安くなる傾向が見られます。もともとネット電話の普及によって、オフィス賃料や人件費の安い地域で始まった代行サービスですが、テレマーケティング需要の増加とともに手掛ける業者も増えてきています。そのため差別化を図る目的として、その利用料金を引き下げる動きが見られています。利用時に必要となる初期費用、すなわちクライアントの商品やサービスに関する知識のレクチャーなどの費用を無料とするなどの動きが見られるわけです。

これまでのサービスの歴史とは

もともとテレマーケティングのような営業支援業務は、ごく最近になって始まったものです。当初はあくまでも外電の取次ぎや転送などが主な業務だったわけですが、やがてネット電話の普及によって格安で発信業務を行うことができるようになったために、クライアントの要求を応えるように商品やサービスの発信業務が行われるようになったわけです。やがて起業したばかりの会社の電話代行の一環として、営業活動をも行うようになったわけです。新規の顧客開発など、テレアポのような業務も携わるようになるうちにスタッフ教育も多岐に渡るようになり、やがてはテレマーケティングのような高度な技術を要する業務にも携わるようになったというわけです。