事前に対策をする

PCを操作する男性

誹謗中傷されてしまった時の対処

会社がネットで攻撃されたとしたらまずは誹謗中傷されている内容を書き留め、コピーするなどした上でその書き込んでいるネット管理者へ削除要請を行います。掲示板等に書き込みされているものは管理者がいますからその管理者へ直接削除依頼を要請することになります。管理者が問題を把握し、削除をすることで誹謗中傷の書き込みは一旦は収まりますがそれでも続けるとプロバイダー規制をかけられ、その掲示板には書き込みが出来なくなるようになります。しかし一度、誹謗中傷の書き込みをされてしまうと不特定多数の方に見られてしまうので会社や商品のイメージも悪くなってしまうでしょう。そうならないためにも、逆SEO会社に依頼しておくなどして対策をとっておく方が良いといえます。

損害賠償や刑事事件に発展することも

規制をかけると大抵は大人しくなるのですが、違うサイトや自分のブログ等で誹謗中傷を発信するとなれば司法に直接訴えるしかありません。訴えるとなれば名誉棄損罪や侮辱罪が該当するのですが、警察では書き込みの内容を確認し、名誉を著しく損ねるものか、誹謗中傷により損害を損ねるものかを判断した上で被害届を受理することになります。ここまで行けば誹謗中傷を行った人物の特定までいくことになり、刑事告訴や民事訴訟に持ち込みやすくなります。相手も警察が関与していると分かれば観念するでしょうから後は粛々と法によって裁くか示談によって解決となります。警察への通報ではスムーズに事が運びますが、手順はしっかり踏んだ上で手続きをするようにしておくべきでしょう。誹謗中傷で訴えたとしても今後の会社イメージが戻ってくるわけではないものです。そのため、元のイメージを取り戻すには多大な時間を要するのですが早い段階で誹謗中傷対策を行っておけば避けることが出来ます。例えば逆SEO会社に依頼をしておけば誹謗中傷があった場合でもイメージダウンを少しでも避けることができ、会社におけるダメージも回避することが出来るでしょう。